ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


お知らせ

 

下記内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合(サービスの変更、組織変更など)がありますのでご了承ください。

放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy」販売開始のお知らせ

2021年2月3日

富士フイルム医療ソリューションズ株式会社

当社は放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy」の販売を開始しました。

今回発売する放射線治療計画支援ソフトウェア「SYNAPSE Radiotherapy」は、富士フイルムの3次元画像解析システム「SYNAPSE VINCENT(シナプス ヴィンセント)」(*1)で培ったノウハウを基にAI技術を活用して開発した「臓器輪郭作成支援機能」(*2)と、医用画像情報システム(PACS)で培った技術を生かした「放射線治療ビューア機能」により、医師の放射線治療計画のワークフローを支援します。

*1 ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT
販売名:富士画像診断ワークステーション FN-7941型
認証番号:22000BZX00238000

*2 「臓器輪郭作成支援機能」の一部にディープラーニングを使用。

バックナンバー

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る